子育て日記

妊娠13週、朝の突然の出血。原因は子供の抱っこ。

更新日:



【スポンサードリンク】


旦那の出勤前に出血、めまい。

 長男の出産から半年くらいして、二人目を妊娠した私。今となっては、年子の育児に苦労したかどうかは忘れてしまいましたが、二人目の妊娠中の期間は大変だったのは確かです。と言うのも、一人目の子の出産からと二人目の子の出産までの期間は14カ月ほどだったため年子の中でも月齢が近く、つわりの時期も、おなかが重くなってきてからも、体のあちこちが痛むようになってからも、1歳前の赤ちゃんを抱っこしたり、追いかけたりしていたわけです。

 それで体にもちょっと無理がかかっていたようで、13週目に差し掛かり、まだまだお腹の中の赤ちゃんが小粒ちゃんだった頃、ある朝、突然出血したのです。まさに旦那が出勤しようとした時でした。もう、出血したってことで私はパニックになり、本当に様々なことを想像しました。もうダメだと思いました。何が原因だったんだろう、自分に原因があったんじゃないか、想像だけがどんどん先走りました。

 でも痛みがなくて、自分がショック過ぎて痛みも感じられなくなっているんだろうかとか、本当に色々なことを考えました。そうこうしているうちにめまいもしてきて、目の前は真っ白になり、顔からは変な汗が出続け、涙も混じっていたかもしれないけれど、顔中びっしょり濡れていました。

 私は何とか旦那に助けられながらシャワーをして、旦那は仕事を休み長男をつれて車で病院に向かいました。まだ医者が到着していないようで待合室で待ちました。結構な量の出血だったので貧血状態でもあったと思います、待合室で座ってもいてもめまいがするほどで、ソファに横になりました。

病院で1日がかりの点滴。原因は重いものを持っている?!

 結論から言うと、診察の結果、赤ちゃんは無事であることが分かりました。そして、1日がかりで点滴を打ちました。出血の原因は、小さな衝撃が繰り返されたり、重いものを持ったり、無理をしていることが原因で、赤ちゃんのおうち(子宮)の近くの体内で出血して溜まっていた血が出てきたといった感じの説明でした。

 まだ体内で出血した血が残っているので、そのまま吸収されることもあれば、朝のように体外に出血することもあると言われ、重いものを持ったり、無理をしないようにして、安静にするように言われました。重いものを持たないようにと言われて思いつくものはただ一つ、長男を抱っこしていることしか思いつきませんでした。なんて言ったって、生後7ヶ月で10キロと割と大きめな方でありながら、まだ手をつないで歩くと言う月齢ではなかったので、ぐずれば抱っこ、外出時はアパートの階段を抱っこ、ベビーカーにのせるにも抱っこ・・・と1日中何度も抱いていました。



【スポンサードリンク】


 出血した時は心配でなりませんでしたが、体内で出血していたこと以外は何もかも正常であったことや、出血の原因が10キロの赤ちゃんを抱っこしていたことであったことが分かって、何だか安心してしまいました。もちろん出来るだけ安静にして過ごすようにはしましたが、保育園に預けたりしていたわけでもなければ、日中は私以外に長男をみている人はいなかったので、何だかんだ出血する前とあまり変わらない生活を続けていました。

2週間後の診察でさらに絶対安静を求められる。年子の大変さ。

 出血もあったため、2週間後にもう一度診察に来るように言われていたため、旦那と再び病院へ行きました。超音波でお腹の中の様子を見る先生の表情が何だか不安そうな表情で、私も不安が高まりました。そして体内でさらに出血し、血が溜まっていると言われ、絶対安静が求められました。まぁ、単なる安静を求められても、絶対安静を求められても、お腹が痛いとかいうわけではないし、住んでいるのは韓国で、実家は海外(日本)なわけだから生活環境をそう簡単に変えられるわけもなく、ほんの気持ち程度に長男を抱っこするのを控えた位だったと思います。それでも何とか無事に安定期に入ることができて、出血もなくなりました。

 よく年子は大変なんでしょ、とか言われましたが、正直何が大変かなんてわからないんですよね。もちろん大変っちゃ大変でしたけど、初めての育児が大変じゃない人なんていないじゃないですか。それに、年子の妊娠であっても、2歳児育児と妊娠であっても、4歳児育児と妊娠であっても、どのバージョンでもその人にとっては初めての経験には変わりなくて、それぞれの大変さってありますからね。

 結局比較なんてできないよなーって思うんですよね。つまり、みんな大変って思えば大変だし、楽しいと思えば楽しいってこと。3人目がチビちゃんでも、上の子ふたりが小学生だと色々手伝ってくれて楽~ってのはもちろんあるけど、小学生の育児は小学生ならではの解決しなきゃいけないものが色々ありますからね。分野が違うんですよね。これから子供たちが成長していくにつれて、どんどん初めての分野に突入していくんだと思います。楽しみながら私も共に成長していきたい、そんな気持ちでこれからも育児を楽しんでいきたいと思ってます。



【スポンサードリンク】


-子育て日記

Copyright© ゆっきーのつれづれ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.