子育て日記

父母から娘婿(旦那)への誕生日プレゼント

更新日:



【スポンサードリンク】


結婚して11年目に突入し、今までのことを振り返ろうとするともう思い出せないくらいの年月が経ち、驚くほどに様々なことが変化してきたように思います。今思い貸してみれば、一人娘を韓国に嫁に送り、何をどうしたらいいのか分からないまま、娘婿とその両親との関係を円満に築いていこうと、父母が努力してくれていたように思います。

子供が大きくになるにつれて、自分の息子や娘もいつかは結婚するんだろうなって思うと、嫁やその家族、娘婿やその家族と円満な関係を築いていけるようでありたいなという思いに至ったりもします。まだ、上の子たちは小学生なのに早いかもしれないけど、でもあっという間に9歳になったから、二十歳になるのもあっという間なんだろうなって思うと、それほど遠い未来ではなさそうな気がします。

娘婿への誕生日プレゼントはダウンジャケット

私が韓国に留学している間に旦那と出会い結婚に至ったわけですが、私の両親も旦那の両親も心から私たちの結婚を喜んでくれました。もちろん何もかもがスムーズなわけではありませんでしたが、山超え谷超え、一年が無事に過ぎました。結婚してから一年が経ったころ、私の両親が日本からはるばる韓国に会いに来てくれました。

日本から国境をまたいで娘の嫁ぎ先に行くのに手ぶらで行くわけにはいかないと、ものすごく気を使ったんだと思います。両親は、その時以外にも韓国に来ることはありましたが、そのたびに何を持っていったらいいか聞いてきました。

でも私もそんなこと聞かれても、初めての結婚で、初めて韓国でお嫁さんをしているわけで、韓国で一般的に嫁側の両親が婿側の両親に何をプレゼントするのがいいのかなんてわかりません。ただその時は、ちょうど旦那の誕生日も近かったこともあり、旦那に誕生日プレゼントとしてダウンコートを、そして娘婿の家族には菓子折りなど日本らしいお菓子を買ってきてくれました。



【スポンサードリンク】


これがそのダウンジャケットを受け取った時の写真です。顔は隠しちゃいましたが、照れくさそうにしてました。ちなみに韓国の冬は埼玉や東京とは違って刺さるような寒さがあるので、ダウンジャケットはかなり重宝します。

韓国は外は刺さるように寒いけれど、室内に入ったとたんオンドル(床暖房)で床も空気もあったかいので、場合によっては半そででも過ごせてしまうんです。

その点ダウンジャケットは、中は薄着でもそれを着ただけで暖かいので、室内で半そでTシャツで過ごしていて、外に出るときに半そでTシャツの上にダウンジャケットだけを羽織って出かける人もいます。

韓国の寒さに鍛えられた旦那は日本では薄着

ダウンジャケットをもらった当時は、韓国で暮らしていたので旦那も喜んでよく来ていました。

写真は私の父と一緒に並んで歩いているところ。(二人とも地面を見つめて微妙な姿勢で歩いている理由は、健康石の砂利道を痛い思いをしながらはだしで歩いているから。)

そんな思い出のダウンジャケットでしたが、それから2年ほどして、私たちは日本に移り住みました。日本の冬は韓国に比べて温暖なので、旦那は冬場も長袖Tシャツの上にウィンドプレーカー一枚だけ羽織って自転車をこいで仕事に出かけます。

そんなわけでダウンジャケットは、クローゼットの中でお休みしてます。韓国に行くときは来ますけどね。

父親が娘婿のダウンジャケットを借りることも

私の父母は年に何回か韓国に行ったりすることがあるので、そういうときは私の父が旦那のダウンジャケットを借りていきます。

プレゼントしたのに・・・あれれ?って感じですが、でも全然気ないよりはダウンジャケットも着られた方がいいし、旦那も快く貸してあげています。

結婚してからの10年近い年月が過ぎてくる中、私たち家族の間にもいろいろな出来事があったけれど、それなりに円満な関係が築けてきていることに感謝しています。(*´ω`)



【スポンサードリンク】


-子育て日記

Copyright© ゆっきーのつれづれ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.