ワーママ日記

勤務年数5年、会社都合でも失業手当の受給期間が3ヶ月。

投稿日:



【スポンサードリンク】


5年勤めた会社を会社都合で退職

 韓国から旦那と子供を連れて再び日本に戻り、日本に拠点を置いて暮らすこととなり、生活費の足しにと、私もパートで働いた期間もありました。パートで働く時間は、一日数時間ではありましたが、たとえ数時間であっても、もっと自分にも子供にも将来にもためになる価値ある時間に感じられる仕事がしたいという気持ちになり、人づてに、とある会社に入社することになありました。それが、写真スタジオを経営する会社でした。

 その会社に5年勤め、フランチャイズ形式の会社だったので最初の研修期間に勤めていた店舗での勤務期間も入れれば5年半近い勤務期間でした。何にしても、退職時に勤めていた店舗(会社)での勤務は5年と2ヵ月の期間であり、雇用保険に加入していた期間は初めの二カ月を抜いてピッタリ5年でした。今思えば、5年間本当に一生懸命でした。二人の子供の母にしては、朝早くから夜遅くまで、勤務時間以外の家にいる時間や休日も投資して、必死でした。必死に頑張った分、得たものは多かったですし、何も後悔はしていません。

 しかし、自分と家族の次のステップのためにも、私は5年間お世話になったその会社を退社することにしたのです。しかし自分の意志は含まれていたものの会社都合での退社。これは、失業手当をもらう立場としては、大きく影響してくる部分ですよね。



【スポンサードリンク】


5年勤めたのに90日間しかもらえない失業手当

 5年と言う勤務期間を長いとみるのか、短いとみるのかは人によっても異なるでしょうけれど、毎月、雇用保険料を納めながら自分なりに長く務めたと思っている会社であれば、退職後に失業手当をもらえるだけもらっておきたいという欲が出るのは人として当然のことなのかなと思います。もちろん失業手当をもらうということは、再就職を目指していることが前提であるから、再就職の意思なしに失業手当をただもらいたいという意味ではないけれど、仕事をしないで手当てをもらっていることができるのであれば、最小限の就職活動に抑えたいみたいな欲が・・・。(このような内容によって、不快な思いをされる方がいらっしゃったらすみません。)

 でも、就職活動をしているという証明ができなければ失業手当をもらうことは出来ないし、就職活動をして仕事が見つかってしまっても失業手当はもらえなくなるし・・・など色々と悪だくみをすると面倒くさい。(笑)私の性格上、ごちゃごちゃしてくると嘘は付けないなって思えてきて、やっぱり、なるようになるしかないし、ただ正直に生きようって感じになるんですよね。でも考えられるだけは考えて、自分の退職理由とか勤務年数とか年齢とか比較してみたところ、180日はもらえそうだって言う計算でした。しかし、それは誤算でした。

 退職の約一年前、私は三人目の子供を出産し、勤務年数5年の期間中に数か月間の育児休業を取っていたのです。そのため、その数カ月が5年から差し引かれ、私の勤務年数は5年に満たないという計算になってしまったのです。5年以上と5年未満は、失業手当の受給期間を計算する上で大きな差があります。私が想像していた180日の受給期間は、一気に半分に減ってしまったのです。



【スポンサードリンク】


-ワーママ日記

Copyright© ゆっきーのつれづれ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.