闘病日記

5日ぶりの昼食~入院5日目~

更新日:



【スポンサードリンク】


2019.04.14

旦那が大腸がんを疑われて水曜日に入院し、早くも5日目となりました。

金曜日に大腸ステントを入れる処置が成功し、土日は週末と言うこともあり特に日程は組まれず、ただひたすら1日に4パックの点滴を打たれ続けていました。

土曜日は仕事だったので、仕事が終わってご飯を食べてから子供たちを連れて面会に行きました。入院4日目にして、長男と長女は初の面会でした。

大腸ステントを入れるまでは、水分接種もNGでしたが、翌日から麦茶なども許可がでたので、2リットルのペットボトルを持っていきました。

面会時間ギリギリの遅い時間だったので、1時間弱でお別れでしたが、長男は患者服姿で点滴をしているパパを見るや否や涙を流し、次男も帰りのエレベーターで号泣でしたが、それでもこうして会うことで、旦那に少しでも元気をあげられたら、と、そんな気持ちで帰りました。



【スポンサードリンク】


日曜日は、昼過ぎまで長女の習い事があったので、長女を送ってから3日分の食材の買い出しに行き、それから次男と長男のお昼、夕御飯の準備と月曜日以降の晩御飯の作りおきをしました。

その間に、旦那からLINEが来て、お昼ご飯の写真と、嬉しさいっぱい込められたかわいいスタンプが送られてきました。5日ぶりのお昼ご飯は、重湯のようなものと卵豆腐、そして牛乳でした。

入院初日、朝ごはんを食べてから診察を受け、その後急遽入院となり、それからはずっと食べていなかったので、何かを口にすることができると言うことが、本当に嬉しかったんだろうと思います。

それから長女を迎えて、長男と次男も一緒に旦那の面会に行きました。

明日は朝、レントゲンを撮るそうです。
大腸がんを疑われてから、早くも5日目ですが、まだ確かなことは何も分かっていないようで、検査だけが続いています。



【スポンサードリンク】


-闘病日記

Copyright© ゆっきーのつれづれ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.