ワーママ日記

フルタイム兼7人家族のワーママタイムスケジュール

更新日:



【スポンサードリンク】


共働きのワーママは家事と仕事、そして子育てをどうやってバランスよくこなしていくかが常に課題ですよね。
私は、3人子供がいますが、上の子ふたりが保育園児だった頃は、正直、家のことは任せきりだったので、悩んだこともありませんでした。

でも実母に子供の面倒を見てもらうのが難しくなってきたころに3人目を出産し、仕事をしながら家事と育児をこなしていかないといけない環境におかれて初めて、家事や育児に対してしっかりと向き合うようになりました。

3人目の子供が4才になり、上の子は小学6年生と4年生になった今、上の子たちに手伝ってもらったりしながら、忙しい日々を何とか回していけるようになり、ネットで得た情報を色々と取り入れてながら、より円滑に日々がすごせるように、少しでも心と時間に余裕を作れるように、工夫するようにもなってきました。

今日はそんな私の、ワーママとしてのタイムスケジュールのポイントをまとめてみたいと思います。

出勤日のタイムスケジュール

6:00~6:20 起床、子供たちを起こす、次男に靴下を履かせる
起床~8:00 次男(4歳)の朝食、次男の歯磨き、自分の朝食、自分のお弁当、自分の身支度、台所の片付け夕食の炊飯器予約
8:00 長男と長女が登校、ごみ捨て
8:20~8:30 次男を保育園へ預ける
8:30~9:30 出勤
17:30~18:30 退勤
18:30~18:40 保育園へ次男のお迎え
18:45 夕食のセッティング(長男と長女動員!)
18:50~19:50 夕食
20:00~21:00 お風呂、食器洗い、洗濯機を回す
21:00~22:00 長男と長女の宿題(音読などサインが必要なもの)、洗濯物干し、乾いた洗濯物片付け
22:00 就寝

ワーママは隙間時間の有効活用が必須

ワーママとして意識するといいのは、隙間時間の有効活用だと思います。
例えば朝起きて、子供たちを起こしますが、4歳の次男がなかなか起きないとき、その時間に靴下を履かせてしまいます。
これを後回しにすると、1階に降りて、ご飯食べたり朝の諸々の家事を終えて、さて保育園へ行こうと言うときに、靴下を取りにまた2階へ上がると言う手間が生じます。
大したことないようですが、こうした一手間一手間が積み重なると、5分、10分と時間が消費されていきます。

長男と長女は、朝食は自分で準備して食べてくれて、2階に上がって登校時間までは自由にしています。
そうすると、あとから朝食を食べ終わった次男は、早く2階に上がって、兄と姉の遊びに参戦したがるのですが、そこは「待った」をかけます。
次男が上に上がる前に、歯磨きを終わらせ、そのあとは次男も自由時間です。
この次男の歯磨きを後回しにすると、後で遊んで楽しくなってるときに歯磨きしようといってもぐずり、時間はイライラと共に過ぎていき、下手すると次男の機嫌が悪い状態で時間に追われながら登園することになります。
例え、朝食を食べ終わったタイミングで、歯磨きしようと言ってくずったとしても、母としても時間や心にまだ余裕があり、次男にも歯磨きのあとに兄と姉と遊べると言う楽しみが残っているので、なだめやすくなります。
だから次男が朝食を食べ終わったら、タイミングを逃さないために、私はメイクやその他の家事が途中でも、まず次男の歯を磨くことを優先します。
こうした小さな積み重ねが、朝の2時間の忙しさを緩和させてくれます。



【スポンサードリンク】


夕食ををいかに早く食べ始めるか

仕事が終わって、次男のお迎えをして家につくのは18:45頃ですが、ここで気を抜いてはいられません。
19:00には食べ始められるように、長男と長女に夕食のセッティングを手伝ってもらいます。20:00前には食べ終わらないと、その後のスケジュールがつまってしまい、寝るのが遅くなれば体も持たなくなってしまうからです。
おかずはだいたい作りおきしているので、そのままもしくはレンチンで出したりするだけ、あとは食器類を出してもらって、私はその間に味噌汁を作ります。
味噌汁の具材は野菜などは洗ってカットしたものを冷凍しているので、15分もあれば作れます。
19:00にセッティング完了を目指して、19:15位のときもありますが、食べ始めたら家族団らんのひとときです。20:00前に食べ終わったら、のんびりしたいところだけど、ここも気を抜かずにお風呂ラッシュです。
お風呂は20:00~21:00の間に、私チームと旦那チームでだいたい30分位ずつ入ります。お風呂に入る前かあとに食器洗いや翌朝の炊飯器のセットをし、同時に洗濯機も回します。
21:00には洗濯物をもって2階に上がりますが、その前に必ずすることは、次男の歯磨き!朝と同じで、1度2階に上がってしまうとまた降りるのが心身ともに面倒になるし、遅くなると次男も寝落ちしたりするので、元気なうちに磨いておきます。

音読の相手は「ながら作業」で

長男と長女には、放課後遊んでもいいけれど、宿題は私が帰ってくるまでには終わらせておくように言っています。
でも、小学校の宿題と言えば音読ですが、子供だけではできませんよね。だからと言って、座ってずーっと音読の相手をしてあげる時間もなかなか気持ちに余裕がないので、私は洗濯物を干している時間に音読を聞くようにしています。

こんな風にして、1日の日課が無事に終了し、22:00には子供たちと一緒に布団に横になって、冗談をいったり、その日あったことを話したりしながら就寝です。

なんだか忙しない1日のように聞こえるかも知れませんが、大まかに何時までにはここまで終えると言う目標を決めてメリハリをつけているので、目標が達成すれば途中途中に余裕が生じますし、最終的にまったり過ごす時間を確保できます。

ワーママの限られた時間だからこそ、隙間時間を有効活用して、時間的余裕を確保しながら、心にも余裕をもって過ごしたいですね。

読んでくださったワーママさん、時間は工夫すれば作れたりもします。これからも共に頑張っていきましょう!



【スポンサードリンク】


-ワーママ日記

Copyright© ゆっきーのつれづれ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.