子育て日記

ズボンの穴の修復方法。当て布でリメイクしてみました!

投稿日:



【スポンサードリンク】


先日、娘の学習発表会があり、見に行ってあげると・・・。娘が穴の開いたズボンをはいていました!!!Σ(゚д゚lll)ガーン!!

穴が開いているのは知っていましたが、よりによって学習発表会の日にそのズボンをはいていっていたなんて!!すべては、私がいけないのです。穴が開いてすぐにズボンを処分するなり、補修するなり、学習発表会の当日の朝にそのズボンははかないようにチェックするなりしていればよかったのですが、それらを怠ったせいです。

とは言え、普段から服装にはこだわりがあるくせに、どうしてこういう日に限って、穴の開いたズボンを選ぶのか・・・。恥ずかしすぎたので、もう時すでに遅しですがズボンの穴の修復方法を探しました。

ズボンの穴の修復方法

穴もそうですが、周辺がだいぶすり減って薄くなっています。もうさよならかな・・・とも思いますが、娘がこれまた結構な過敏な性格で、気に入った布地のズボンでないとはかないんです。このピンクのズボンはかなり気に入っているようなので、当て布をして春までは着せたいところです。

ついでだったので、私のデニムの穴も一緒に修復することに。ズボンの穴って放置すればするほどにどんどん大きくなっていくんですよね。しかも、うちにはもうすぐ2歳のチビちゃんもいるので、穴に気づくと指や手を突っ込んできて、そのせいでどんどん大きくなるんです。

穴からスースーと風が入り込んでくるので、寒くて寒くて、とうとう風邪をひいてしまいました。

さっそく、娘のズボンと一緒に当て布で修復です!!!娘はハート型の当て布を作って、ズボンの穴の上からあてることにしました。



【スポンサードリンク】


私は、上から当て布するのは何となく恥ずかしいので、内側から茶色の当て布をすることにしました。

手縫いでかがり縫い

ミシンでガーッと縫ってしまいたいところですが、うちのミシンはズボンのような細い筒状のものを縫うことは出来ないので、娘のズボン用の当て布をハート型に型作るときだけミシンで縫い、あとは手縫いで少しずつかがり縫いでズボンに縫い付けました。

私のズボンは中から当て布なので、縫い目はあえて見えるようにして、*模様の刺繡風にして縫い付けました。本当は布と同じ茶色でカラーリンクさせたかったのですが、茶色の詩集糸を切らしてしまっていたので、灰色で断念。

しかも糸が足らず、もう少し細かく縫いたかったのですがそれもできず、かなり適当な仕上がりになりました。

当て布ズボンで今シーズンは乗り切れそう!

学校から帰宅した娘は、ハートの当て布のされたズボンを見てとっても喜んでくれました。今シーズンはなんとか、当て布ズボンで乗り切れそうです!(*´▽`*)



【スポンサードリンク】


-子育て日記

Copyright© ゆっきーのつれづれ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.